新旧借地借家法について

新借地借家法には2つの借地権がありますので確認しておきましょう。まず1つ目は、普通借地権です。旧借地借家権では区別されていた堅固建物と非堅固建物とを区別することはありません。また。存続期間は30年と統一されています。これにより長期間での契約が可能になりますし、存続期間が満了しても初めての更新では20年、更に更新した場合には10年と区切られていますので、貸主側にとって不利になることも少なくなりましたが、それでもなかなか返還されることのない土地を巡って、いざこざが生じてしまう恐れもあるでしょう。

家そして、もう1つが定期借地権です。現在の借地借家法では多くの方がこの定期借地権で契約を交わしています。なぜならば、法定更新することが不可能なので、存続期間を設けることができかねます。最初に交わした契約の期間満了が訪れれば、借りていた土地に建物が建ててあったとしても、地主に対して更地渡しする必要がでてきます。この定期借地権により、土地の管理がし易くなっただけでなくて、財産としての管理においてもトラブルの原因が少なくなったことで、この定期借地権に変更したり、利用する人が増えてきました。

土地を持っていて、誰かに貸すことで収入を得ることができますが、借地権をしっかりと管理していなければ、いつまで経っても土地が戻らずトラブルの原因になってしまうでしょう。


コメントは受け付けていません。