借地権にタイプがある

借地借家法で多くの方が利用している定期借地権でも、3つのタイプに区別されますので確認しておきましょう。

まず代表的なのが、一般定期借地権です。借地権としての存続期間は長期で50年とされています。期日の満了に伴い全ての建物を解体して、土地を更地に戻してから地主に返還します。これにより契約が満了します。

土地2つ目は、建物譲渡特約付借地権です。借地権としての存続期間は30年以上可能です。この借地権ならば契約満了時に、土地を更地にする必要がありません。これは契約時に借りた土地に建物を建てても、地主が買取することを含んでいますのでそのままで契約を満了することが可能です。よく聞くことのある定期借地権を締結することで、そのまま建ててあった住居に住み続ける契約を交わすことも可能です。この点が大きな特徴だと言えるでしょう。

そして、事業用として土地を借りたい場合には、事業用定期借地権を締結します。どんなに広い土地であっても、事業用途でしか活用することができませんので住居用の大型マンションで借りることはできません。この借地権の存続期間は10年~50年までと定められています。また、公正証書をもって契約の締結を交わすことになります。そして契約満了の際には、一般定期借地権と同じく建物を解体したのちに土地を更地にしてから返還することが義務づけられています。

土地を借りる場合には、その土地で何をしたいにかきちんとした用途があって、使用期間も決定してから契約する必要があるでしょう。

また、こうした借地借地法について説明している不動産のサイトもありますので、参考にしてみるのも良いと思います。専門家のサイトですので、より細かく掲載されています。


コメントは受け付けていません。